.htaccessにリダイレクト用のコードを追記する

①Xserverのサーバーパネル「. htaccess編集」をクリックします。その後、SL化したいドメイン列の「選択する」をクリックします。

②「.htaccess編集」のタブをクリックします。

# BEGIN WordPress
# END WordPress

という表記が確認できます。

③「# BEGIN WordPress」の直前に以下コードを挿入します。

上記画像のように、以下のコードを挿入

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
RewriteBase /
</IfModule>

<注意点>
WordPressテーマや入れているプラグインによって以下のような表記がある場合があります。

こういった場合は、以下のコードと文字列が重複する場所があるため、エラーが出ることがあるので注意します。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

文字列に重複したところがある場合には、以下の赤字部分で表記したように、異なる文字列の部分だけを挿入します。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
RewriteBase /

RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

④「.htaccessを編集する(確認)」をクリックします。

「.htaccess」を編集する作業は、httpのURLにアクセスしたときに、httpsのURLにリダイレクト(自動ページ遷移)するようにするために行っています。

うまくリダイレクトができるようになったかどうかは、検索エンジンで

「http://~」のURLを開くと、すぐに

「https://~」のURLに変換されて表示されていればOKです。