WordPressブログの設定を行います。

※Wordpress構築1Day講座の受講日までに、

1-1) ムームドメインの契約と設定

1-2)  Xサーバーとドメインを連携させる設定(ネームサーバーの変更)

1-3)  Xサーバーの契約

こちらの 3つ(ドメイン取得、およびネームサーバーの変更、xサーバーの契約)の作業を完了の上、ご参加ください。

ネームサーバーの変更には数時間の時間がかかりますので、当日までに作業いただくとスムーズにWP構築を進めることが可能です。

0.当日の配布資料

こちらは担当講師より、WP構築講座の当日に配布される資料です。

1.サーバー・ドメインを契約する

1-1) ムームドメインの契約と設定

https://muumuu-domain.com/

こちらのリンクからご契約ください。

注意

登録したメールアドレスに届いている「ムームードメイン」からのメール内のリンクのクリックを忘れないようにしましょう。

※別ドメイン取得マニュアルを参照


ドメインの契約が完了したら確認しましょう!

ドメインの契約が完了したら、ドメインの更新忘れを防ぐためにドメインを「自動更新」に設定しましょう。

ムームードメインの管理画面にログインをした場合、以下のように「状態」が「自動更新中」になっていればOKです。

ここにある、「自分のドメイン名」の部分をクリックすると、このドメインの詳細情報を確認することができます。

以下のような「ドメインの詳細情報」を見ると、クレジットカードでの自動更新設定になっていることが確認できます。

※自動更新の設定がされていない場合には、左側のメニューにある「各種お支払い > 自動更新設定」をクリックすることで、自動更新の設定を修正することができます。

1-2)  Xサーバーとドメインを連携させる設定(ネームサーバーの変更)

※当サービスで取得したドメイン上記方法により、以下エックスサーバーのネームサーバーが設定された状態です。

※動画では「ネームサーバー6」まで表記がありますが現在は入力画面が5までになってますので6への入力は必要ありません。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

1-3)  Xサーバーの契約と設定

エックスサーバーはこちらから

https://www.xserver.ne.jp/

こちらのリンクからご契約ください。

※別Xサーバーのマニュアルを参照

1-4) 補足説明 サーバー・ドメインの概念

こちらは設定後の復習用のサーバー・ドメインの概念についてです。

無料テーマのおすすめ「cocoon」について

有料テーマの方が良いのか?悩まれるかと思いますので、ここで無料テーマとしておすすめしている「cocoon」について、簡単にご紹介します。

「cocoon」では細かく色々とデザインを調整することが出来ます。

色もデザインも細かく変更することが出来るので、自分好みのサイトが出来上がります。

ワンクリックでブログをおしゃれにする方法

無料テーマ「cocoon」には【スキン】という機能があります。

こちらの【スキン】を変更することで、洋服を着替えるように簡単にブログのデザインをかわいくすることが出来るんです。

【スキン】の変更方法

ここからは【スキン】の変更方法について解説していきます。

  1. WordPress管理画面から「Cocoon設定」を選択
    左のサイドバーから「cocoon設定」をクリックします
  2. 「スキン」タブをクリック
    スキンタブをクリックして、一覧から好きなものをチョイス。

タイトル横の画像をクリックするとデザインのデモサイトが見れるので、一つずつチェックしても良いですね♪

もっと細かくデザインをカスタマイズしたい場合は「cocoon」の公式サイトに分かりやすい解説があるので見てみましょう!

https://wp-cocoon.com/recommend-skin-custom-parts/

「cocoon」は無料テーマですが、いろいろな設定や表示のカスタマイズができることがわかっていただけると思います。

その他、WEBでカスタマイズ方法を検索しやすい(WEB上で情報が多い、公式サイトの情報の充実)点も、おすすめできる理由です。

注意ポイント

ただし、ブログのデザインと稼ぐことは直結しません。

専門的な知識を必要とする箇所もあるので、凝りだすと意外と時間がかかってしまうこともあります。

大事な時間をデザインばかりに割くのはやめましょう!

「cocoon」ではサクッと『洋服を着替える感覚で』、テーマをオシャレなブログにイメージチェンジするほか、ブログ運営に便利な機能が多数備えられているため、おすすめテーマに選定しております。

WordPressのテーマの適用方法

cocoonのテーマを例にして、WordPressテーマのダウンロード・設定方法について動画でご説明します。

3.WordPressアカウントの設定

WordPressにログインできる、アカウント関連の設定をしていきます。

ニックネームの変更

IDとニックネームを変更します

※「ユーザ一覧」>「ユーザー名の編集」>「ニックネーム (必須)」欄にブログ上のニックネームを掲載し、「ブログ上の表示名」をニックネームに設定します。

講師アカウントの作成

講師が「みなさんのブログの進捗の設定が正しく行われているか?」などを確認するために、講師がみなさんのブログの管理画面にログインできるよう、専用のアカウントを作成いただいております。

講師アカウント管理者権限での作成(ID:kousiaccount   PASS:koushiaccount1414 アドレス:XXXX)

※講座が終了しましたら、講師用に作成していただきましたアカウントは削除いただいて問題ありません。

4.WordPressの初期設定

  • 「設定 > 一般」にある「サイトのキャッチコピー」を変更する
  • パーマリンクを「数字ベース」に変更
  • 個別記事と固定ページからHello!World!の記事をゴミ箱に入れる
  • 「設定 > 一般」にある「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」のURLを「http://〜」から「https://〜」に変更する
    ※必ず「https://〜」で自分のブログが表示できることを確認してから作業をしてください。
  • サーバーの「. htaccess」を編集して、「http://〜」へのアクセスを「https://〜」にリダイレクト設定をする
    ※必ず「https://〜」で自分のブログが表示できることを確認し、上記作業を行ってから「. htaccess」の編集作業に進んでください。
    「http://〜」へのアクセスを「https://〜」へリダイレクトする方法

5.WordPressプラグインのインストール

必須プラグイン

  • Google XML Sitemaps
  • Wordfence Security
  • WP Multibyte Patch
  • PS Auto Sitemap(設定も必要)
  • Classic Editor
  • Antispam Bee
  • Advanced noCaptcha & invisible Captcha (v2 & v3)
  • Contact Form 7

「Advanced noCaptcha & invisible Captcha (v2 & v3)」は以下(1)〜(3)の順で設定します。

「Advanced noCaptcha & invisible Captcha (v2 & v3)」の設定方法はこちら
※画像の(2)を登録した後、サイトキーとシークレットキーの登録が必要です。

「Classic Editor」は設定不要かと思いますが、万が一設定後「クラシックエディター」「ブロックエディター」の選択などが必要な場合には「クラシックエディター」を使用するようにしてください。

推奨プラグイン

  • Jetpack by WordPress.com
  • Broken Link Checker
  • Table of Contents Plus
  • TinyMCE Advanced
  • AddQuicktag

※COCOONの場合は既にテンプレートに機能があるため、インストール不要